受注者にとって「やりづらい」発注者になるには

社内の自分の目が届いていなかった部署で、ある開発会社に対して明らかに不要な費用を支払っている例があった。横柄になれとか圧迫しろという意味ではなく、騙しづらいという意味で、受注者にとってやりづらい発注者になる方法を考えてみる。

知識がないと騙される

業者にいいようにされてしまう場合、往々にして自分達に適正な知識が無い場合が多い。業者から出された金額や工数、あるいはその作業内容が妥当なものかどうかを自身で判断することができないため、そのまま丸呑みするしか無くなってしまう。最近あったケースだと、問題集アプリを作ってもらった業者に、別の問題を差し替えるだけの作業にも関わらず、初期開発の時と同じぐらいの費用を請求されていたということがあった。これは直前に知ることが出来たのでストップかけられたけど、危ないところだった。

自分でちょっとしたものなら開発できるぐらいまで知識を身につけておけば、勘所を理解できるようにはなると思う。ただ、いま騙されてしまうレベルの人達にそれを求めるのはちょっと難しい。

受注側の事情

発注者側の理不尽な依頼や、締め切り直前の急な仕様変更などに振り回された経験のない受注者は居ないと思う。明らかに騙しに来ている場合はともかく、誠実にやろうとしている受注者であっても、可能な限りバッファをいっぱい取りたいと考えてしまう。往々にして発注者側の怠慢や横柄さを起因とした結果でもあるため、なかなか業者だけを責めるのは難しい。

「比較」は知識の代替になる

まったく未知の領域の事柄で、自分自身に知識が全くない状況にも関わらずその評価をしなければならない場合には、同種の物を「比較」することで知識不足を補うことが出来る。複数の業者に相見積もりをすることで、見積もりのケースにおいて「比較」をすることが可能になる。

複数の見積もりを比較することで、作業項目やその単価がわかる。比較をすることで、突出したものや過剰な項目、あるいは不足しているのが何かを把握することができる。不明なことがある場合には、全ての会社に対して同じ疑問をすることで、騙されずに「正解」を知ることが可能だ。つまり、たとえ自身に知識が不足していたとしても、相見積もり先の企業の知見を間接的に借りられる。

相見積もりをされた場合、受注者側は自分達と同様の知識・スキルを持った同業者との戦いになるため、かなり「やりづらく」なる。さらに、相見積もりを取っているということを事前に言うことで、「やりづらい」効果は増していく。