PukiWiki Plus! を Ubuntu にインストール

Wikiはずっと Pukiwiki を使ってきたんですが、その後継版(?)の PukiWiki Plus! というものがあると知ったので、Ubuntu にインストールしてみました。

PHP5.3 対応やHTML5+jQueryUIポートを行なっている PukiWiki Advance というものもあるようですが、7-zip形式という良くわからない形式でアーカイブされているので試すことはできませんでした。

PukiWiki Plus! のインストール方法は普通の Pukiwiki とほぼ同じようで、多少 locale の設定で迷った位で簡単にインストールできました。

まずは /etc/locale.alias に utf-8 の設定を追加して、ロケールを作り直します。

ja_JP           ja_JP.utf8

% sudo locale-gen

その後、Apacheを再起動すれば前準備は完了です。ロケールが正しく設定されていないと、英語表示となります。詳細に関しては PukiWiki Plus! の質問問箱/247 が参考になるかと思います。

あとは PukiWiki Plus! をインストールするだけです。まずはgitからファイルを持ってきます。

% git clone https://github.com/miko2u/pukiwiki-plus-i18n

次に適当なディレクトリに移動して、Basic認証の設定とファイルのパーミッションを修正します。

% htpasswd .htpasswd xxxxuser
% sudo chown -R www-data *

あとは auth.ini.php でパスワードを設定したり、各種 ini で自分のお好みの設定をすれば完了です。

$adminpass = '{x-php-md5}' . md5('xxxpasswords');

2012/03/29追記:会社にあった Ubuntu 11.04 で試した場合、デフォルトの状態が変わったのか、日本語関係の設定がされてないだけだったのかわかりませんが、locale-gen の前に、言語パックなどのインストール・設定が必要でした。

% sudo aptitude install language-pack-ja
% sudo localedef -i ja_JP -f UTF-8 -A /etc/locale.alias ja_JP.UTF-8