WLAE-AG300Nをブロードバンドルータとして使う

もう何年も、コレガの古いBBルータをずっと使ってきました。当然802.11nに対応しているわけもなく、速度は調子がいい時で8Mbpsぐらい。別に使えるんならいいやと思い、これまで気にもしていませんでした。

ただ最近は、動画などを見る時など負荷がかかると急に接続できなくなったり、また iPad Air が無線が 802.11n の場合には MIMO 対応しているという話を聞いて、そろそろいい加減どうにかしようと思い BBルータを買い換えることにしました。

とは言えしょせんはBBルータ。別にどんなものでも構わないと思って、ググって最初に出てきた BUFFALO の WLAE-AG300N をAmazonでポチッと購入しましたが、これが不幸の始まりでした。

今日届き、早速設定してみたんですが、無線自体はすぐに繋がったんですが、どうにもインターネットに出ていけません。どうやら IP アドレスを拾えていないみたいです。tcpdump してみると DHCP Discover を送っても DHCP Offer を返しません。「DHCP 機能が OFF になってるのかな?」と考え、ON にする方法をマニュアルで探してみても、「機器自体の IP アドレスを、手動設定/DHCP からもらってくる」という設定はありましたが、DHCP サーバに関する記述がまったくありません。

今どきそんな機器あるのか? そう思い仕様書などを読んでみると、どうやらこの機器はブリッジでした。つまり、古いPCやTVなどの有線LANしか無い機器を無線化するような用途を想定したものみたいです。

つまり、こういう使い方です(—:有線, ===:無線)。

PCやTVなど無線化したい機器 — [この機器] === 無線 === ブロードバンドルータとか

これがわかった瞬間、正直、失敗したなーと思いましたが、まあしょせんはブリッジなので、こんな構成でつなぐようにしました。

無線でつなぐ機器 === 無線 === [この機器] — BBルータ — VDSL

まだ負荷をかけていないのでわかりませんが、不安定なのは解決していません。ただ、MIMO の威力は凄いです。有線で接続した機器でも40Mbpsぐらいしか出ない環境ですが、iPad Air だと、ぶっちぎりの 24Mbps がコンスタントに出ます。その他の機器では依然として、8Mbps も出ればいいところです。

iPad Air のネットのアクセスが PC よりもちょっと遅いのは、Safari もしくは iPad の性能的にどうしようも無いんだと思っていました。全然違いました。MIMO 環境になると、体感でもハッキリ速度が違います。

Safari あるいはアプリ内ブラウザでサイトにアクセスした際に、特に画像は表示されるまで少し待たされる感じだったのが、まったく無くなりました。

こんなことならもっと早く 802.11n にすれば良かったです。ブロードバンドと間違えてブリッジを買っちゃったのは残念ですが、そんなことが吹っ飛ぶぐらい、感動の速度でした。もし iPad Air/iPad Mini(Retina)なのに 802.11n 環境で使ってないなんてことがあったら、即 802.11n 化することをおすすめします。絶対に感動すること間違いなしです。